背中のニキビ跡の特徴とケアの仕方

大人になってからあ背中のぶつぶつに悩まされたことはありませんか。

背中は自分で見る機会が少ないので、症状が悪化してしまう事が良くあります。

この背中のブツブツの正体は…「背中ニキビ」のことが多いのです。

この背中ニキビの特徴は、跡に残りやすいという事です。

 

人のお肌の造りは3つの層からできています。

お肌の表面から、表皮、真皮、皮下組織という形です。

ニキビの跡は、真皮にまでダメージが達していて

回復できずに残ってしまっている状態です。

 

ニキビ跡の特徴として大きく2つのパターンがあります。

1つは、ぼこぼことした陥没しているようなニキビ跡です。

このニキビ跡は治るのに時間がかかることが多いです。

自宅でのケアでは治るのが難しいので

皮膚科などでレーザー治療が効果的だと言われています。

 

もう1つは、シミのような色がついたニキビ跡です。

このニキビ跡は短期間で治せる可能性が高いです。

しかも皮膚科で治療も可能ですが、

自宅のケアだけでも改善する可能性がとても高いのが特徴です。

 

ではどのようなケアをすればいいのでしょうか。

それは、お肌の表面の角質層の保湿をしっかりと行い、

お肌のターンオーバーを促進して、

お肌の生まれ変わる力を向上させることで少しづつ消えていきます。

お肌が乾燥してしまうとターンオーバーが正常に行われなくなるので

角質が厚くなって毛穴をふさぎやすくなります。

すると、皮脂が毛穴に溜まりやすくなりニキビができやすくなるのです。

 

しかし何を使って保湿をしたらいいのか分からないですよね。

そういう方は、背中ニキビ専用の保湿クリームがお勧めです。

保湿や潤いを考えてコラーゲンやヒアルロン酸やビタミンが配合されている専用クリームなのです。

保湿クリームはいろいろなものがありますが

顔用のクリームと背中用のクリームは成分も異なりますし、

配合されている量も違うので背中専用を使う方がより効果的になります。

個人差がありますが、早ければ1ヶ月くらいで効果を感じれるようになります。

 

もしも自宅ケアで効果が出ない…という方がいたらこんなことありませんか。

・保湿を途中でやめてしまった

・食事改善などしか行っていない

できてしまったニキビ跡を消すためにはそれなりの時間がかかります。

短期間で消えることはないです。

しかし、1ヶ月経っても効果が出ないと言ってやめてしまったりしていませんか。

効果が出るまでには個人差があるので気長に続けないといけません。

今出来ているニキビには食事を見直すことで

ニキビが出来にくい体質に変えることは可能です。

しかし出来てしまったニキビ跡に対しては、食事改善ではあまり効果がありません。

やはり、「保湿」が1番大切なのです。

 

ニキビ跡にがっかりしているあなた、今からでも間に合います。

時間をかけてゆっくりときれいな背中を取り戻しましょう。

背中のぶつぶつは「あせも」か「ニキビ」のどちらか。原因は違うので適切な治し方を

ある日突然背中にぶつぶつが出来ていた…なんて経験ありませんか。

背中は自分の目で確認する機会が少ないので

ぶつぶつが出来ていてもなかなか気がつかない事も多いです。

 

この背中のぶつぶつって何なのでしょうか。

考えられるのは2つあります。

それは「あせも」と「ニキビ」です。

同じブツブツとした症状を引き起こしますが、原因はまったき違うものになります。

 

「あせも」は、黄色ブドウ球菌が原因です。

この黄色ブドウ球菌のエサは汗です。

黄色ブドウ球菌が増殖すると免疫反応がおこり、炎症を起こした形があのブツブツです。

特徴は炎症が皮膚の表面に起きる事です。

対処方法としては、市販もしくは皮膚科のステロイド剤をぬることです。

日々できることとしては汗はこまめに拭くこと。

吸水性の良い素材の服を選ぶこと。

通気性の良い服を着ること。

制汗スプレーなどをうまく利用するのもいいでしょう。

 

それに対して「ニキビ」は、アクネ菌が原因です。

アクネ菌のエサは、毛穴の中の皮脂です。

毛穴の中で増殖して炎症を起こします。

 

こう見てみると皮脂ってすごく悪いものに思えませんか。

しかし皮脂は体の機能で重要な役割を担っているのです。

皮脂はお肌で水分が外に逃げないようにバリアの機能を果たしています。

つまりお肌の乾燥を防ぐ働きをしています。

この働きを知らずに余分なものとして皮脂を摂りすぎると

ニキビの症状を悪化させてしまっていることがあります。

 

それ以外にもストレスが原因でニキビが出来ることもあります。

人は外レスを感じると過剰に男性ホルモンが分泌されます。

すると皮脂の分泌量の増えてニキビができやすい環境になってしまっているのです。

 

できてしまったニキビは毎日のスキンケアをしっかりとしましょう。

通気性が良い、吸水性の良い洋服を選びましょう。

汗をかいたら拭き取る。

こまめに着替えをする。

清潔を意識しすぎてゴシゴシ洗いをやらない。

皮膚を傷つけて悪化させてしまう可能性が高いのです。

 

あせもとニキビのどちらも汗のかきやすい方、外でお仕事をしている方、

肥満体質の方などは症状が出やすいので注意しましょう。

 

では自分があせもなのかニキビなのか、区別の仕方があります。

それは炎症所ているのが毛穴だけならばニキビです。

毛穴に関係なく炎症している時にはあせもの可能性が高いです。

どちらにしてもスキンケアを改善しても症状が良くならない、

痒みがひどい時などは皮膚科の受診をお勧めします。

見えにくい場所だからこそ日ごろから気をつけておきたいですね。

 

赤ちゃんの背中のブツブツは新生児にきびの可能性あり

小さなお子さんの背中に突然できてしまった「ぶつぶつ」。

これは一体何なんだろうと、驚きますよね。

ブツブツというとまず思い浮かぶのは、湿疹やあせもですよね。

湿疹とあせもは、同じ湿疹の仲間じゃないの??と思う方も多いと思います。

しかし、実は全く違うものなのです。

 

「あせも」とは、皮膚にある汗の出てくる腺(汗腺)がふさがってしまい、

汗が皮膚にシミ出て炎症お起こしてしまう事でおきるのです。

子どもはすでに大人と同じ200万個~250万個の汗腺が備わっています。

子どもは気温や体温の変化で体温を調節するときに、汗をかくことで調整をするのです。

ですから大人の2倍も3倍も汗をかきやすい体なのです。

それが原因で毛穴が詰まりやすくなる確率が高くなっているのです。

 

それに対して「湿疹」は、外側からの背劇によって皮膚が炎症を起こして

赤くなったり、膨らんだりするのです。

よく見られるのが「乳児湿疹」です。

低月齢の赤ちゃんに良く見られます。

特に皮脂の分泌が多い場所に見られる湿疹は「脂漏性湿疹」と呼ばれます。

 

中には「新生児ニキビ」というものもあります。

やはり皮脂ん分泌が多い生後3か月くらいの赤ちゃんに見られます。

 

しかし乳児湿疹も新生児ニキビも顔や頭などにみられることが多く、

背中に出ることはほとんどありません。

 

背中に見られるぶつぶつは、「あせも」の可能性が高いと思われます。

なぜなら赤ちゃんは仰向けで寝ていることが多いので

背中が布団と密着している時間が長く汗をかくことがより多い場所だからです。

 

では出来てしまったぶつぶつにはどのように対処すればいいのでしょうか。

それは日々の「スキンケア」です。

汗腺を塞がないようにお肌をきれいにしておくことが一番大切になります。

汗をかいたりしたらすぐにふき取るようにします。

そしてこまめに着替えをしましょう。

汗がひどい時にはシャワーで洗い流すだけでもだいぶ違います。

洋服も吸水性の良い素材のものがお勧めです。

夏場などの暑い日が続く時期には、エアコンなどを上手に使う事も大切です。

 

このようなスキンケアを行ってもなかなか症状が良くならない、

痒みがひどい、赤ちゃんがかきむしってしまうなどの場合は皮膚科を受診しましょう。

かき壊して皮脂に傷が出来てしまうと、そこからばい菌が入って

違う皮膚病に罹ってしまう事もあるので注意しましょう。

 

赤ちゃんが快適に毎日が過ごせるようにお肌トラブルが起きないように

毎日のスキンケアを頑張ってみてはいかがですか。

背中の赤いブツブツはニキビなの?見分け方

ある日突然入浴中に背中にぶつぶつを発見!

鏡で見てみたら赤いぶつぶつが出来ていた…

そんな経験がある方はいませんか。

その赤い背中のぶつぶつは「背中ニキビ」かもしれません。

 

ニキビというと顔をイメージする方が多いのではないでしょうか。

実は体の中でも胸や背中は顔と同じくらいの数の皮脂腺があり、

ニキビができやすい部分なのです。

しかも思春期のニキビは顔に出ることが多いのですが

大人になってからのニキビは特に背中が多いのです。

 

何故背中に出やすいのかというとそれにはいくつか理由があります。

背中はいつも洋服で隠れているために通気性が悪く

汗をかきやすい場所になります。

更に洋服がすれたりすることで刺激も受けやすいです。

しかも寝ている時に何時間も布団と密着しているので寝汗をかくことがとても多いです。

ですから背中はニキビが出やすいのですね。

 

しかし、それでも背中ニキビが出来ない人もいますよね。

背中ニキビが出来るのには原因があります。

その原因も様々のものが考えられます。

  • ストレスにより、血流が悪くなり男性ホルモンが増加して皮脂分泌が増加する
  • 脂っこい物や糖質の摂り過ぎなどの食生活の乱れ
  • ボディーソープを使っている方は、洗浄力が高く、必要な皮脂まで落としてしまっている ためにお肌が乾燥してしまう。
  • お肌タイプが乾燥肌の方
  • シャンプーや整髪料が背中についたままで、よく落とせていないためにニキビになる
  • 洗濯洗剤や柔軟剤が合わない

このような原因が考えられます。

あなたの毎日の生活を振り返ってみていかがですか。

何か思い当たることはありませんか。

あなたの背中ニキビの原因がこの中にあるかもしれません。

 

赤いぶつぶつの背中ニキビを改善するには原因を取り除くのが一番ですが

実際は原因が1つとは限りませんし、特定することが難しかったりもします。

ですから思い当たることの対処方法を行うと良いと思います。

 

あなたが日々の生活の中でできる対処方法を紹介しておきましょう。

  • 汗をかいたらこまめに着替えをする
  • 洋服などは吸水性の良いものを選ぶ
  • 汚れを落とそうとごしごし洗うのは、お肌を傷つけてニキビを悪化させるのでやらない
  • 睡眠をたくさん取る
  • 食事バランスを良くして、ニキビの改善に良いとされるビタミンを多く摂るように心がける。
  • ストレスはため込む前に発散する、気分転換を行う。

そしてこれらと並行して行う必要があるのが「保湿」です。

ニキビに保湿は必要ないと思われがちですが、

この背中ニキビの原因はお肌の角質が硬くなることで毛穴がふさがれてしまい

ニキビになることが多いのです。

それを防ぐために、「保湿」がとても大切になるのです。

どんな保湿剤がいいのかわからないという人は、

ニキビ用の保湿剤も販売されているので、

そういったものを使ってみるのもいいかもしれません。

 

このような事を毎日の生活の中で行うと症状が良くなる可能性があります。

背中のニキビは気がつきにくいので、気がついたときには症状が進行していて赤く痛みを伴ってしまう事が多いです。

見えないからいいや、と放置するのではなくて気がついたら出来る対処方から摂り入れてみてください。すると思いのほか早く改善すると思いますよ。

 

日々の生活を見直しても改善しない時や、悪化してしまった時には迷わずに皮膚科の受診をしてみてください。

あなたの背中大丈夫ですか??

背中のブツブツニキビの治し方

背中にいつの間にか出来てしまったブツブツのニキビ。

いくら洋服で隠れていると言っても背中の開いた服や水着になる機会があると

背中のニキビも困った存在になります。

 

背中ニキビは自分で見る機会が少ないので

どうしても症状が悪化しがちになります。

ブツブツの赤い炎症をおこして痛みが出てから気がついたという方も多いはずです。

 

この背中にできてしまったニキビはどうしたらいいのでしょうか。

この気になるブツブツはお肌の毛穴がふさがってしまい、

本来毎日排出される皮脂や油分が毛穴の中から出られずに

毛穴の中に溜まってしまい、炎症を起こしている状態です。

 

このブツブツ背中ニキビを治すためにはどのような治療があるのでしょうか。

  1. ケミカルピーリング

最近はだいぶ耳にする機会が増えてきました。

ケミカルピーリングとは、お肌の状態にあったピーリング剤を塗ります。

このピーリング剤は酸性成分から作られています。

この酸性成分が、古い角質の汚れをとかしてくれます。

そうすることでニキビの角質に詰まっていた皮脂や汚れを排出することが出来るのです。

しかし、お肌のバリア機能が低下することがあるので

ケミカルピーリングと同時に保湿を行う事が大切になります。

 

  1. レーザー治療

レーザー治療とは、いろいろな波長のレーザー光線を当てます。

このレーザー光線をあてることで皮膚の新陳代謝を活発にして、

ニキビの炎症を取り除くことが出来ます。

更に、ニキビの原因となっているアクネ菌を殺菌する効果もあるのです。

副作用などもなく安全ですが、1回で効果が出ることはないので

効果が出るまでに数回治療を続ける必要があります。

 

 

  1. フォトフェイシャル

高いエネルギーの光をニキビに当てることでアクネ菌を破壊してくれます。

 

  1. ビタミンC誘導体

ビタミンを安定した形にしたもので、体の内側からだけでなく、

皮膚の上から塗ることでも効果が期待できます。

皮脂を抑えてニキビを作りにくくする効果もあります。

 

このような治療方法は自宅では難しい場合がほとんどです。

では、自分でできる治療はどのようなものがあるでしょうか。

実は背中ニキビに対応した内服薬や、塗り薬などが販売されています。

 

・チョコラBBピュア

ビタミンB2が主成分の内服薬です。お肌の新陳代謝を向上させてくれます。

 

・オルビス クリアボディーローション

無香料、無着色、無油分の化粧水です。

和漢植物由来成分なので、色々なものがある中でも安心、安全のローションといえます。

 

・オレノデバンクリーム

クマザサの強い殺菌力を利用したクリームです。

 

・ハイシーBメイト2

ビタミンB2、ビタミンB6が配合されていて

新陳代謝を向上させて、お肌が生まれ変わるのを応援する力があります。

 

忙しくてなかなか治療に行く時間が取れない方は

このようなものを試してみるのもいいかと思います

ブツブツとした背中ニキビとさよならできる日も近いはずです。

背中のニキビの治し方でおすすめの医薬品は?

ある日突然背中に痛みを感じて…恐る恐る鏡で見てみたら…

背中にニキビが出来ていた!!って経験ありませんか。

ニキビというと顔にできるイメージが強いと思いますが、

顔と同じくらい皮脂腺が多い場所が、胸や背中になります。

特に背中はいつも洋服に覆われていて、通気性が悪く、汗をかきやすい場所です。

しかも、ニキビが出来始めていても自分で見たり、触ったりすることが難しいので

気がついたときには炎症がひどくなったニキビになってた、なんてことが良くあるのです。

 

この背中ニキビの原因は以外にもたくさんなるのです。

・洗濯洗剤がお肌に合わない

・ボディーソープが合わない

ボディーソープは洗浄力がとても高く必要な皮脂まで落としてしまっていることがありま す。

・食生活

甘いものや脂っこいものばかり食べていませんか

・乾燥肌

このようなことが背中ニキビの原因になっていることが多いのですが

あなたは思い当たることはありませんか。

 

背中ニキビはいつも服で隠れているので、

できてしまっても「見えないからいいや」と放置しがちになります。

わざわざ皮膚科に行くまでもないかな…と思いますよね。

もしも、炎症がひどくて痛みやかゆみが強い時には

すぐに皮膚科を受診することをお勧めします。

しかし、まだ出来たばかりの背中ニキビでしたら

あなた自身の対策で改善するかもしれません。

 

その対策は日々の生活をちょっと気をつければ良いだけです。

・ニキビの清潔にしようとゴシゴシ洗いをするのは駄目です。

皮膚が傷つき、ニキビが悪化することがあります。

あくまでも優しくそっと洗うようにします。

・髪を洗った後のシャンプーの洗い流しで背中にシャンプーの成分が残ることが原因の時が あります。頭を洗った後に、体を洗うようにすると防げます。

・食事のバランスを見直す。

脂っこい物や甘いものに偏らずに、ニキビを改善するビタミン類を意識的に摂るようにし ましょう。

・汗をかいたらすぐに着替えるようにして、清潔を保つ。

といったことに気をつけると効果が期待できます。

 

でも、出来てしまった背中ニキビを少しでも早く治したいですよね。

そんな方にはニキビ専用の医薬品もお勧めです。

  • アクネージア メディカルミスト
  • スプレータイプの外用薬
  • ホノ漢方 ワグラスD錠 漢方の内服薬
  • ピンプリット にきび治療薬C 外用薬
  • クレアラシル にきび治療薬クリーム

など外用薬や内服薬、形状も様々ですのであなたの使いやすいタイプを選ぶと良いと思います。

 

今消化した医薬品以外にも、医薬部外品で人気の商品もあります。

それは「ジュエルレイン」です。

ジュエルレインは美白ジェルですが、背中ニキビにとても効果があると人気です。

もちろん成分は無添加です。

ニキビの改善に必要な「保湿力」にとても優れています。

しかも塗るだけで簡単というのも人気の秘密です。

保湿を重視するとべたべたとした使用感が多いのですが

このジュエルレインはサラッとした使い心地なのが特徴です。

 

医薬品、医薬部外品ともに背中ニキビの為に作られたものですから

あなたのお肌に合ったものと出会えると良いですね。

日々の生活のちょっとしたポイントに、これらを加えるときっと効果は大きいはずです。

遺伝で背中ニキビが出来るってほんと?

大人はニキビとは関係ない!なんて思っている方いませんか。

実は大人のニキビは他人事ではありません。

大人のニキビは思春期のニキビとは原因が異なります。

 

思春期のニキビは成長過程のホルモンバランスの変化によりおきるものですが

大人ニキビの原因は少し複雑になります。

  • ストレス
  • 生活習慣の乱れから来るホルモンバランスの崩れ
  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ
  • 洗濯石鹸や柔軟剤
  • シャンプーや整髪料
  • 乾燥肌
  • 仰向けで寝ることによる寝汗

などが原因の可能性があります。

 

大人ニキビではあなたの背中ニキビの原因を突き止めることで

より効果的な対処が出来ます。

主な対処方法としては、

  • 汗をかいたままにせず、すぐに着替えるようにする
  • 吸水性の良い素材の服を選ぶ
  • 背中をごしごしと洗う事は避ける。皮膚を傷つけて、ニキビが悪化することがあります。
  • 背中にシャンプーの洗い流しが残らないように髪を洗ってから体を洗うようにする。
  • 食事はビタミンを多く摂るように心がける
  • お肌の角質の硬化を防ぐために日焼けをしないようにする
  • ストレスをため込まないように自分なりの発散方法を見つける

といったことが大切になります。

しかしこれらの対策以外にもっと大切なことがあります。

それは「保湿」です。

ニキビというと過剰皮脂分泌が原因と思われがちですが

背中ニキビのある方の多くは、「乾燥肌」が原因になっていることがとても多いのです。

保湿でいつもお肌を柔らかく保つことで

皮膚の毛穴が詰まることを防ぎ、ニキビが出来にくいお肌の環境を作ることが大切になります。

 

アトピーなどお肌の質は環境要因だけでなく、遺伝の要素もとても大きいです。

つまり、お肌の質は遺伝により部分があると考えられます。

ですから、親背中ニキビができやすい体質だとすると、

子どものあなた自身も背中ニキビができやすいお肌の持ち主の可能性があるのです。

ニキビそのものが遺伝することはありませんが、

ニキビのできやすいお肌は遺伝しているかもしれないという事です。

 

もしも前もってご両親のお肌のトラブルを知っているのなら

背中ニキビで悩む前に先ほどニキビ対策としてあげた事を

日々の生活の中で取り入れておくと予防することが出来るかもしれません。

 

背中ニキビは体の中でも自分で確認することが難しく

気がついたときには症状が進行していることがとても多いのです。

しかも、後に残りやすい特徴があるので早めの対処が大切になります。

あなたのきれいなお肌は、あなた自身で守ってくださいね。

背中のニキビに痛みがある場合はどんな時?

大人のニキビというと1番多いのが「背中ニキビ」です。

みんなには言っていないけど…実は背中にニキビがあって…

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

おとなの背中ニキビは、なかなか気がつきにくく

入浴の際に、痛みがあって初めて気がついた…という事も多いのです。

この背中のニキビに痛みがあるのはどういう状態なのでしょうか。

 

実は背中ニキビにも症状によって見た目や痛みが異なるのです。

まず最初は、「白」っぽいニキビから始まります。

この状態は皮脂や汚れなどが毛穴に詰まってしまっているのです。

この時は皮膚を清潔にして、お肌が乾燥したり、固くなってニキビがひどくなる事を防ぐことが大切になります。

 

少し進行すると「黒」っぽい感じになります。

これは毛穴に詰まった皮脂や汚れが酸化して黒く変色しているからです。

ニキビの原因となるアクネ菌は皮脂などが大好きなので、

詰まってしまった毛穴の中でどんどんアクネ菌がどんどん増殖していってしまいます。

この時はまだ痛みなどはあまりない事が多いです。

この時も清潔と保湿が大切になります。

 

更に進行すると「赤」色のニキビになってしまいます。

これが良く皆さんが経験する「痛いニキビ」です。

ふさがれた毛穴が炎症をおこしてしまい、赤くはれている、痛みが出てきて、

痒みなどを伴う事があります。

 

更に進行すると「黄色」っぽくなります。

これは炎症がひどくなり、詰まった毛穴周辺まで炎症が広がり、化膿し始めている状態です。この時は自宅で対処するよりも皮膚科にて適切な処置をしてもらった方が良いです。

背中ニキビは跡に残りやすい特徴があります。

少しでも早く改善させた方が後に残る可能性も少なくなります。

 

もしも、あなたが痛いニキビに気がついたらどうしたらいいのでしょうか。

まずあなたが出来ることは食事を見直す事です。

日々の食事の中で、ニキビの改善に効果的な「ビタミン」を多く取るように

心がけてみてください。

 

…といっても、どのようなものを食べたらいいのか分からないですよね。

ビタミンの中でも特にとってもらいたいのがビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6です。

 

まずビタミンB1は、ため込みやすい日々のストレスに効果があります。

玄米や、小麦、ハムやレバー、ウナギ、レバー、ひじきやのりなどに含まれています。

 

ビタミンB2は、新陳代謝をあげる効果があります。

お肌の生まれ変わりも手伝ってくれます。

アスパラガスやレバー、ウナギ、さば、ししゃも、卵、チーズ、納豆などに含まれています。意外と身近な食べ物に含まれていると思いませんか。

 

ビタミンB6は、皮脂の過剰な分泌を抑える効果があります。

さつまいも、ジャガイモ、シャケ、サンマ、マグロ、アボガド、大豆、ささみなどに含まれています。

 

日々の食事の中でちょっとだけこれらの食材を取り入れるようにするだけで

あなたも痛い背中ニキビも改善が期待できると思います。

でも背中ニキビの症状があまり良くならないようでしたら

迷わずに皮膚科に行くことをお勧めいたします。

 

皮膚科では、痛みや炎症を鎮める内服薬や、殺菌・炎症を抑える外用薬などが

処方されることが多いです。

できてしまったニキビにがっかりしないで今からできることをしっかりとやっていきましょう。

Amazonで販売中の背中ニキビ対策商品

大人になってからニキビで悩んだことのある方いませんか。

実はニキビは大人になってからもできるのです。

思春期の頃だけの悩みだと思っているあなた、

あなたもいつ大人ニキビに悩まされるか分かりません。

 

思春期のニキビは主に「顔」にできます。

その主な原因は成長過程のホルモンバランスの変化によるものです。

しかし大人になってからのニキビは「胸」や「背中」にできるのです。

その中でも自分で見ることが難しい背中は

気がついたときにはニキビが悪化していることが多いのです。

これらの大人になってからのニキビの原因はいくつか考えられます。

 

・ストレス

複雑な人間関係の中で仕事をしている人は日々のストレスが原因の事もます。

 

・ホルモンバランス

不規則な生活リズムや睡眠不足が原因の事もあります。

 

・ボディーソープ

毎日の入浴で使っているボディーソープを確認してみましょう。

液体タイプのボディーソープは洗浄力が高く、必要な皮脂まで落としてしまいます。

すると不足した油分を補おうと皮脂の分泌が過剰になるのです。

 

・食事

脂っこい食事や糖分の摂り過ぎはアクネ菌の増殖が起こりやすいです。

 

・乾燥肌

皮膚が乾燥すると角質が固くなり毛穴をふさいでしまいます。

するとふさがれた毛穴の中でアクネ菌が増殖していまいます。

 

・日焼け

日焼けも乾燥肌と同じように、皮膚の角質が固くなってしまいます。

 

・シャンプー、整髪料

入浴の際に体から洗って、髪を後に洗う方は要注意です。

髪を流した時にシャンプーが背中を伝って流れていくため、背中にシャンプーが残りがちになります。

 

・洗濯洗剤、柔軟剤

使っている原料により、お肌に合わない原料が使われているとお肌が反応して乾燥したり

炎症したりすることがあります。

 

・寝汗

胸や背中には顔と同じくらいの皮脂腺があります。

その為時に仰向けで寝ている方は背中に大量の汗をかいている可能性があります。

 

大きな原因としてはこれらが挙げられますが、あなたはいかがですか。

思い当たることはありませんでしたか。

多くの方が悩んでいる背中ニキビは「跡に残りやすい」という特徴があります。

ですから少しでも早く対策を講じたほうがいいのです。

 

背中ニキビを治す方法はいくつかあります。

  • 通気性の良い洋服を選ぶ
  • ごしごしと洗わない
  • 髪を洗ってから体を洗う
  • 睡眠をたくさん取る
  • 食事バランスを見直す
  • 日焼けを防ぐ

などです。

 

そして何よりも重要なのが「保湿」です。

ですが、どのようなものを使ったらいいのか分からないですよね。

そこでお勧めなのが「背中ニキビ専用の保湿剤」です。

最近ではたくさんの種類が見られるようになりました。

ジェルタイプ、ローションタイプ、ミストタイプ、クリームタイプなど形状も様々です。

どれも背中ニキビを改善、予防するための保湿剤ですので

自分の好みに合ったタイプを使うと良いでしょう。

 

背中ニキビの保湿剤をなかなか買いに行くことが出来ないという方も多いと思います。

そんな方にはネットで購入が出来るamazonがお勧めです。

amazonならば送料無料の商品もあるので、時間のない方にも便利かと思います。

 

そこで実際にamazonで取り扱われている商品をいくつか紹介しておきます。

・オルビスクリアボディーローション

和漢植物由来の成分で作られていて、無油分、無香料、無着色、殺菌剤不使用です。

更に清涼成分のメントール配合で使い心地が爽快です。

 

・アクネバリア薬用プロテクトジェルクリーム

ハーブのうるおいバリアで水分をお肌に閉じ込めて乾燥からお肌を守ります。

 

・ドクターブロナーマジックソープ

ティートリーの香りは強力な殺菌力があるので背中ニキビの予防にも効果的です。

 

香りや使い心地は様々なのでいくつか試してみて

あなたの使い心地に合ったものを見つけてみてはいかがでしょうか。

アトピーと背中ニキビは密接な関係。アトピーに気をつけてほしい5つの事

ニキビというと思春期の頃だけの悩みだと思っている方いませんか。

実は大人になってからもニキビで悩んでいる方がとても多いのです。

若いころのニキビの原因は、成長過程におけるホルモンバランスの変化が主な原因になります。しかし、大人になってからのニキビは原因が全く違うのです。

しかも、大人になってからのニキビは顔よりも背中などが多いのです。

 

ニキビを治すにはニキビの原因がはっきりと分かっていないと治しようがありません。

では大人の背中ニキビにはどのような原因があるのでしょうか。

  • 仰向けで寝ているための寝汗
  • 洗濯洗剤、柔軟剤
  • シャンプー、整髪料
  • 日焼け
  • 食生活
  • ストレス
  • ホルモンバランス
  • ボディーソープ
  • 乾燥肌

といった原因が考えられます。

このように見ただけでもその原因はたくさんあるのです。

 

この中でも最近、良く聞きのが「乾燥」による背中ニキビです。

ニキビってお肌の乾燥と関係があるの??と疑問に思う方も多いと思います。

実はお肌が乾燥をすると、お肌の角質が少しずつ厚くなってしまいます。

すると、毛穴がふさがれてしまうのです。

お肌が乾燥しているとお肌の水分を守るために皮脂の分泌が過剰になります。

するとふさがれた毛穴に皮脂が詰まってしまう事になります。

皮脂を鉱物とするアクネ菌が毛穴の中で繁殖することによってニキビが出来てしまうのです。

 

近年、子供だけでなく大人にもアトピーの症状で悩んでいる人が多くいます。

このアトピーはお肌が乾燥しやすい人に多く見られます。

つまり、アトピーの症状をお持ちの方は

背中ニキビもできやすいお肌の環境だという事になります。

 

できてしまった背中ニキビにはどのように対処したら良いのでしょうか。

それは「保湿」をしっかりと行うという事です。

保湿でお肌の乾燥を防ぐことが症状改善の一番の近道です。

それ以外にも日々の生活で気をつけると良い事があります。

  • きれいにしようとゴシゴシ洗いはさけましょう。皮膚を傷つけてしまい、背中ニキビが悪化することがあります。
  • 汗をかいたら着替えをする。汚れたままの服でいるとアクネ菌が増殖する可能性が大きいので清潔を保ちましょう。
  • 服は吸水性が高い洋服を着ましょう。
  • 睡眠をたっぷりと摂りましょう。
  • 日々の生活でビタミンを多く摂りましょう。

アトピーの方は特にこのような事に気をつけるだけでも症状に変化が見られると思います。

乾燥肌だからと諦めずに、あなたのできることをしっかりとやっていきましょう。